1. HOME
  2. Product
  3. ソフトウェア
  4. サイネージソフトウェア
  5. MTCF3.0 (多言語表示対応)

製品一覧

(カテゴリー別)

MTCF3.0 (多言語表示対応)


MTCF(Multitouch Contents Flow)は、大量の情報を一度に表示することができるInformation Stationです。

◆概要
情報を同時表示することにより階層型情報表示に比べ圧倒的なアクセス率を得ることができます。
利用者は、複数人同時に興味のある情報にアクセスすることができます。

オプション機能によりQRコードを利用し携帯接続することにより、利用者は情報を持ち帰ることができます。
(Web誘導機能、情報ダウンロード機能)

また、撮影画像登録機能を利用することにより撮影した画像をクラウドを経由しタッチパネル上に登録・表示することができます。
これにより、双方向に情報表示ができMTCFは、Intelligent Stationとなります。

◆利用シーン・マーケット

■ショールーム
商品情報、企業情報、デジタルアーカイブ(カタログアーカイブ)など動画・静止画・Flowを使用し、大量の情報を表示することができます。
利用者は、興味のあるコンテンツに簡単にアクセスすることができます。また、携帯画像登録機能を使用し来場者記念撮影を行うことができます。

■旅行・観光案内・町おこし
静止画・動画による観光地案内、店舗案内、商品案内、お土産紹介などを行うことができます。FLOW表示を利用してカタログ表示も可能です。
QRコードから携帯コネクションさせWeb誘導、情報ダウンロードをさせることができます。
また、撮影画像登録機能を使用し利用者からの生の情報をコンテンツ化することができます。

■施設案内
施設の案内、情報の提示だけでなく、撮影画像登録機能を利用することにより利用者の体験を表示することが可能。
これにより施設の魅力を伝えることができます。

■動作環境
・OS:Windows10
・メモリ: 32GB以上推奨
・GPU:NVIDIA GeForce GTX 1080 FH 8GB以上

■PR Movie表示機能対応フォーマット
・動画:MP4
・静止画: JPEG,PNG

■対応フォーマット
・静止画:JPEG,PNG
・動画:MP4
・FLOW表示:pdf連番ファイル
・3Dカメラ表示:Insta360 one対応(他機種は別途応談)

■デザイン表示枠
・静止画:PNG

◆タッチ機能(いいね!ボタン)

◆MTCFの使い方
◆「Multitaction」 x 「MTCF3.0」

MTCFオプション機能のご紹介

MTCFには便利なオプション機能がたくさんあります。

■QRコード機能
用途:店舗情報や観光情報等をスマホで取得。
スマートフォンでQRコードを読み込むと、スマートフォン側にコンテンツ情報   が表示される機能です。

■投稿機能
用途:イベント等でスマホで撮影した写真や動画を投稿。
QRコードを使って、スマホで撮影した写真や動画をMTCFの画面上に投稿できる機能です。

■Dropbox機能
用途:離れた場所に設置したMTCFのコンテンツを更新・同期。
DropboxのFile同期機能を使用し管理用PC MTCF File → DropBox MTCF File → MTCFパソコン間でコンテンツデータを送信・同期します。
これにより遠隔地でのデータ更新が可能になります。

■遠隔サポート機能
用途:弊社の遠隔サポート
弊社の遠隔サポートが必要な時に遠隔サポートツールを使用してサポートを受けることができます。

用途により必要なオプション機能一覧

新機能!多言語表示機能をリリース

■多言語表示機能(オプション)

◆日本語以外の多言語表示が可能な新機能を実装しました。
 ※使用可能言語は、Windowsに実装されている言語になります。
  ごく稀に使用できない言語がございます。

❝言語選択パネル❞ から切り替えたい言語を選択すると、タブボタン、タイトル、
コメントなどが選択した言語に切り替わります。

コンテンツが選択した言語表示に切り替わります

詳細・お問い合わせ

関連記事