NGC

INDEX
NGC

ATUM1101-G9 CGレンダリングサーバ CPU

CGデザインハードウェア

製品概要

コンパクトな1U CPUレンダリング・サーバ
コンパクトな1Uサーバ
1Uフォームファクタで、システムの奥行きが360mmの非常にコンパクトな1U CPUレンダリングサーバです。
コンパクトな設計ですが、CPUは最新Intel Core i9 Gen9を搭載し、ハイコストパフォーマンスなシステムに仕上がっています。

※コラム
XeonはCore i7/i9と何が違うのか?
XeonはCore i7/i9の上位に位置するブランドです。価格も高価でi7/i9よりも高速に感じます。しかし実際は「用途次第のCPU」で、 i7やi9の方が満足すり結果を得やすい場合が多々あります。では、何故?上位ブランドに位置し、価格も高額なのでしょう?
Xeonの大きな違いは以下の3つです。
1. ECCメモリに対応している
 ・ECCメモリの詳細と必要性については次のコラムを参照して下さい。
2. 複数のCPUをまとめて利用する事ができる(マルチソケット/マルチCPU)
 ・1枚のマザーボードに対して複数のCPUを搭載することが可能。これによりシステムの最大コア数を増やすことが可能。これにより、大量のコア数による圧倒的なマルチスレッド性能を発揮する。
3. 大容量メモリを扱える
 ・最大メモリ容量は、CPU1個あたりのものです。マルチCPUに対応するXeonでは大容量メモリを扱うことが可能になります。
これらの事が可能なため、高額なCPUとなっています。最初にXeonは「用途次第のCPU」と書きました。実際にCPU単体のスピードを比較すると、CPUによってはXeonよりもi7/i9の方が速いものもあります。シングルスレッドだけであればi7/i9の方が速い場合が多々あります。最新のi9は1CPUでも18コア搭載されています。HyperTHreadオンの場合36スレッドにもなります。そして動作周波数も3.0GHzに近いので、ローエンドのXeonよりもはるかに速いのです。 こうして考えると、アプリケーションがマルチスレッド対応で、コア数に応じて性能を発揮するように書かれている場合は、Xeonを選択肢としますが、そこまでのマルチ性能を必要としないアプリケーションであれば、十分i7やi9で性能を発揮できる時代です。一度、使用しているアプリケーションのマルチスレッド性能を確認する事も必要かもしれません。

by.DK

CONTACT

お問い合わせはこちら